スポンサーサイト

  • 2010.06.29 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)

 米国の電気自動車メーカー「テスラ・モーターズ」の社名は、19世紀末から20世紀にかけて活躍した天才発明家、ニコラ・テスラの名前に由来するという。

 クロアチアで生まれたテスラは電気文明の基礎となった交流発電システムを完成させ、無線通信やラジオ、蛍光灯につながる数々の発明を手がけた。晩年は不遇だったが、エジソンと並ぶ発明家として再評価も進んでいる。

 テスラの死から60年後の2003年、シリコンバレーのIT技術者たちが創業したのがテスラ社だ。2年前には、1回の充電で380キロ走れるスポーツカー型の電気自動車の発売にこぎつけた。走行距離の短さという電気自動車の弱点を解決できたのは、大量のノートパソコン用電池を制御する技術を応用したからだという。「電気の魔術師」の名を継ぐにふさわしいベンチャー企業だ。

 先日、そのテスラ社とトヨタ自動車が提携を発表した。トヨタがテスラ社に出資し、米国で電気自動車の共同開発や生産に乗り出すという。優れた技術を持つとはいえ、テスラ社はまだ1千台ほどの販売実績しかない新興企業。一方、トヨタは今や世界一の自動車メーカーだ。少し前には考えられなかった組み合わせだ。

 今回の提携には、大規模リコール(回収・無償修理)で失墜した米国でのイメージを回復したいというトヨタの思惑があるのは確かだ。だが、記者会見での「大きな会社になっていくことを求めるよりもベンチャー企業に刺激を受けたい」という言葉は豊田章男社長の正直な気持ちだろう。

 今、テスラ社のような新興電気自動車メーカーがあちこちで産声をあげている。中国にはテスラ社ほどの技術力はないが、低価格で低速の電気自動車を手がける会社が500社もあるという。

 大阪府守口市でも、金属加工業の小倉庸敬(のぶゆき)さんら中小企業の経営者たちがわずか1年で3人乗りの電気自動車を開発した。守口市は大手メーカーの企業城下町。リーマン・ショック後、周りの工場が次々とつぶれていく中、「町を明るくする起爆剤にしたい」と考えたという。いずれ1台100万円以下で量産する計画だ。

 〈(電気自動車の普及は)自動車産業そのものを変える可能性も指摘される〉。1年前、本欄に「電気自動車の逆襲」という一文を書いたが、現実の動きはわれわれの予測を超えるスピードで進んでいるようだ。(大阪経済部長 竹田徹)

タレント候補が倍増=官僚出身、3分の1は民主―参院選(時事通信)
大津の古墳、未盗掘石棺から完全な頭骨(読売新聞)

橋下知事、強制連行の記述を擁護? 市民団体「根拠不明…撤去を」(産経新聞)

 大阪府が戦後50年記念事業として、府内に残る旧軍施設跡などに設置した銘板をめぐり、市民団体と橋下徹知事が対立している。4カ所の銘板に「強制連行された朝鮮人」が働かされた−との説明があり、団体側は「強制連行の定義や根拠が不明」と銘板の文言変更か撤去を府に要求したが、知事は根拠を示す資料はないとした上で「教科書でも使われている表現」などと拒否。バトルは膠着(こうちゃく)状態が続いている。

 ■橋下知事拒否「教科書でも使用」

 府は平成6年、翌年の戦後50年事業の一環として、戦争の悲惨さを次世代に伝えるため、府内の旧軍施設跡などに銘板を設置する事業を企画。市町村や府民から情報を集めるなどして調査を進め、地下壕跡や飛行場跡など12カ所を選定、7〜8年に設置した。

 このうち強制連行された朝鮮人が働かされたとの説明が記された銘板は、生玉公園地下壕跡(大阪市天王寺区)▽大阪城公園(中央区)▽タチソ地下壕跡(高槻市)▽大阪警備府軍需部安威倉庫跡地(茨木市)。

 暴力的な拉致をイメージさせる強制連行は、戦前の日本の加害性を追及する言葉として使われる傾向が強く、先の大戦中の労働力不足に伴い、日本国民に労働が課せられた徴用と混同されるケースも多い。徴用は合法的な労務動員。仮に強制連行と呼ぶとしても、日本の一部だった朝鮮半島への適用は昭和19年9月から半年間に過ぎなかった。強制連行の被害を証言する元労務者の中には、徴用以前に行われた労務動員の募集や出稼ぎなど自らの意思で来日した例も多い。

 このため、銘板の記載に疑問を抱いた市民団体「戦争資料の偏向展示を正す会」(青木匠代表)が平成20年夏、強制連行の根拠を示す資料の提示を府に要請した。府からは「資料は存在しない」と回答があったため、正す会は昨夏、橋下知事への質問状で銘板の文言変更か撤去を求めた。

 しかし、知事側はこれまでに、銘板を設置した戦後50年当時は過去の戦争や植民地支配を謝罪した「村山談話」があった▽募集や徴用などでやむなく来た人もいた▽教科書に一般用語として使われている−とし、「強制連行は社会的な状況を総合的にとらえた表現」と回答。正す会の要求を拒否している。

 正す会は「強制連行は虚構。銘板を放置すれば、嫌がる朝鮮人を無理やり連れてきたという誤ったイメージが定着し、後世に禍根を残す。橋下知事に直談判したい」としている。

【関連記事】
強制連行「神話」根強く 潜在意識にある負い目
朝鮮民族は日本の「朝鮮学校統治」を容認するのか
「外国人参政権判決は金科玉条ではない」園部元判事の証言要旨
中国人元労働者と西松、「強制労働」認め和解 戦争中連行
「強制連行」訴訟、韓国人元労働者ら二審も敗訴 高裁金沢支部

遺族側が被害者参加制度適用を申請 兵庫・明石歩道橋事故(産経新聞)
東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
<石原都知事>「菅首相、役人うまく使って」(毎日新聞)
医療関連サービス、従来の枠組みでは「成長は望みにくい」(医療介護CBニュース)
<ステロイド外用剤>アトピー性皮膚炎の薬 怖いイメージは誤解(毎日新聞)

老朽水道管 大阪29%…全国平均の5倍 事故も相次ぐ(毎日新聞)

 大阪市の上水道管総延長5192キロのうち、29%にあたる約1500キロが耐用年数(40年)を過ぎていることが、市水道局への取材で分かった。大阪市は全国平均の6%を約5倍も上回っている。同市では115年前から水道事業を始めているという事情もあるが、老朽化した水道管の更新は財政難からあまり進まないのが現状だ。全国でも更新は年間で総延長の1%しか進んでおらず、各地で漏水事故が相次いでいる。

 大阪市では水道管の更新は年間平均60キロのペースで進めているが、既に耐用年数を過ぎている配水管の更新だけで25年はかかる計算だ。担当者は「事故が起きないよう地盤が緩い場所などにある管を優先的に更新している」と話している。8%の堺市では今年度約29キロ分の老朽管を更新する予定で、更新にかかる予算は24億4600万円にのぼる。神戸市では6%、京都市は13%が老朽化している。

 一方、全国では上水道管の総延長61万キロのうち、耐用年数を過ぎた管は6%超の約3万8000キロ。70年代に集中整備されたため今後一斉に更新期を迎え、10年後に2割、20年後には4割を超える見通しだ。

 老朽化が原因とみられる漏水事故も目立つ。大阪市では01年、中央区で1922年敷設の水道管から大量の水がわき出し、道が冠水。05年には阿倍野区でも70年以上前に埋設した水道管が破裂、周辺の約1500戸が断水した。

 長崎県佐世保市では昨年11月、用水路から水が噴き上がり、断水は周辺約1500世帯にのぼった。用水路下に敷設された直径25センチの管に約10センチの亀裂が見つかった。厚生労働省によると、被害が100世帯を超える漏水事故は08年度までの3年間に全国で少なくとも年間14〜19件起きた。老朽化で家庭などに届くまでに管から漏れる水量は年間供給量の7%にあたる11億トンに上る。

 水道事業は市町村などの事業者が住民からの使用料金で運営している。しかし、水需要の伸びは期待できず、経営環境は極めて厳しい。水道事業者でつくる日本水道協会は「財政事情が厳しいのに、地方の首長の中には、選挙などの際に使用料の引き下げを訴える人もいる。事業効率化は大前提だが、住民も負担の在り方を真剣に考える必要がある」と訴えている。【小林慎、佐々木洋、山田英之】

【関連ニュース】
水道管:3万8000キロが耐用年数超え 更新進まず
川崎・中原区の配水管漏水:委託業者の機器設定怠りが原因−−市上下水道局 /神奈川

電通社員 副業でパブ経営 ホステスらの在留資格偽り逮捕 入管法違反容疑 神奈川県警 (産経新聞)
自殺・うつ病対策で企業評価向上=厚労省PTが報告書公表(時事通信)
77歳が84歳からひったくり、尾行警官が逮捕(読売新聞)
本編冒頭の38分間や初日舞台挨拶をUstreamで配信――映画「RAILWAYS」(Business Media 誠)
ボンネットから転落、重体=軽自動車に少年7人―岐阜(時事通信)

ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」(時事通信)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、同県と政府の現地対策本部は24日、牛や豚など家畜へのワクチン接種が同日で全体の7割程度まで進み、25日中にもほぼすべての対象農家で接種が完了する見通しであることを明らかにした。東国原英夫知事は24日、関係市町長、農業団体と協議し、殺処分した家畜を埋める用地確保の問題を中心に、殺処分のプロセスや早期出荷、農家の経営再建などについて協議した。県の考えを近く公表する方針だ。
 ワクチン接種は22日に開始し、約10万頭に及んだ。獣医80人、80チームで作業を行っている。発生地から10キロ圏内の家畜はすべてワクチン接種の対象だが、対策本部の関係者は強硬に接種を拒む農家が現れることを懸念している。
 東国原知事らによる協議では、家畜を埋める用地を県が購入したり、県有施設などを活用したりした場合、既に自己負担で用地を確保した農家が不公平とならないよう配慮すべきだとする意見が出たもよう。
 東国原知事は協議後、記者団に対し「県が用地を買い上げる場合、国がどれだけ(費用を)持ってくれるのか、協議しなければと思う」と述べ、国にも負担を求める考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相
ワクチン、2日で半数接種=種牛49頭は救済困難
種牛49頭も殺処分回避を=宮崎知事、国と協議へ
種牛感染に懸念=口蹄疫で農水相らと協議
ワクチン接種を開始=最上位の種牛が感染

無言電話1000回超=損保会社に、容疑で50歳男逮捕―警視庁(時事通信)
<橋下知事>パーティー券を府受注業者あっせん…後援会開催(毎日新聞)
仕分け後半戦 免許講習コスト減 「省エネ大賞」は廃止(産経新聞)
板橋の資産家夫婦殺害事件1年 現場に残った数千万円…絞り込めない犯人像(産経新聞)
ウイルスを使った架空請求摘発(産経新聞)

京都で三船祭 船上の舞や雅楽に5万人酔いしれる(産経新聞)

 平安時代の貴族の船遊びを再現した車折(くるまざき)神社(京都市右京区)の「三船祭」が16日、嵐山の渡月橋上流の大堰川(おおいがわ)で催された。新緑の嵐山をバックに、川面に浮かんだ約20隻の船上で舞や雅楽などが披露され、約5万人の観光客らが優雅な風情に酔いしれた。

 三船祭は、平安時代の昌泰元年(898年)に宇多上皇が嵐山で船遊びをした故事にちなみ、昭和3年に始まった祭礼。

 この日午後2時ごろから、宮司らが乗った御座船などが約2時間かけて大堰川をゆっくり回遊。船上では雅楽や長唄が演奏されたほか、着物姿の女性らが数百本の扇を川に流す「扇流し」も披露された。

 川岸から見学していた同市西京区の主婦、山添節子さん(70)は「新緑を背景に堂々と進む船に胸が高鳴った。また見に来たい」と話した。

【関連記事】
なりきり土方歳三が競演 五稜郭祭でコンテスト
東京・浅草で三社祭 みこし100基練り歩く
女子高生ら早乙女装束で「御田植祭」 豊作願う笠間稲荷神社の伝統行事 茨城
にぎわう平城遷都1300年祭、来場者は予想の1.5倍
御柱祭の柱から落下し2人死亡、2人けが
少子化を止めろ!

平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
改正金商法が成立(時事通信)
悲惨…収容所の日本人妻 脱北者が証言 縁故なければ人間扱いされず(産経新聞)
大阪市議補選告示 各陣営、都市構想訴え 橋下新党「大阪都」に対抗も(産経新聞)
<インサイダー取引>あおぞら銀の元行員を告発 証券監視委(毎日新聞)

イオン 中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)

 イオングループの社会貢献活動団体「イオン1%クラブ」は11日、4月14日に中国青海省であった地震の被災者の復興支援として集めた寄付金など3000万円を中国大使館に寄付した。

 募金は4月17〜30日、グループの店舗や事業所約7000カ所で実施し、1399万円が集まった。これに、グループの25社が社会貢献のために税引き前の利益1%を拠出する基金から1601万円を加え、クラブの原田昭彦委員長が程永華駐日大使に手渡した。程大使は「現在、中国全土の力を合わせて復興作業を進めている。多くのお客さんの貴重なご好意に感謝します」と話した。

<雑記帳>チャグチャグ馬コ、村の観光も背負う 岩手・滝沢(毎日新聞)
<もんじゅ>制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断(毎日新聞)
女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑−「夫に指示」・福岡県警(時事通信)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
<鳥取連続不審死>捜査本部が解散 半年間にわたる捜査終結(毎日新聞)

高速料金「値上げ説明つかぬ」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は22日夜、鹿児島市で開かれた党鹿児島県連の集会で、高速道路新料金制度の見直しを政府側に求めたことについて「私どもは高速道路を無料にしようというところから始めた。結果として無料化どころか値上げになっており、(国民に)説明がつかない」と述べ、再検討は当然との認識を示した。
 政策決定の「内閣一元化」に反するとの批判に対しては「国民の皆さんの声をよく聞いて、政府に要望するのがわれわれの役割だ。私がみんなを代表して発言したことは間違いない」と強調した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)
停車中の都営バスに追突、乗用車の男性が重体(読売新聞)
「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待(産経新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
来月15日、鹿児島入り=徳之島案実現へ検討−鳩山首相(時事通信)

年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける−最高裁(時事通信)

 企業年金の受給額を一方的に減らした措置は違法だとして、りそな銀行の退職者らが、同行とりそな企業年金基金に差額分の支払いを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は15日付で、原告の上告を退ける決定をした。減額を認めた一、二審判決が確定した。 

【関連ニュース】
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料
イオン九州、売上高、営業益を下方修正=年金特別益で純利益は上方修正
「消えた年金」問題でアピール=パネル使い熱弁
年金債務、一括計上へ=企業財務を透明化
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討

【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
普天間移設 「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会(毎日新聞)
<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)

山崎宇宙飛行士 ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら7人が搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー」は米東部時間17日午前8時52分(日本時間17日午後9時52分)、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングを解除し、地球帰還に向けた飛行を始めた。同7日未明のドッキング以来10日間に及ぶ物資補給任務を終えた。シャトルは同19日朝(日本時間19日夜)、ケネディ宇宙センターに着陸する予定。

 ドッキング解除の約3時間前には、史上最多だったISSとシャトルの乗組員13人全員が、シャトルが結合しているISSの「ノード2」と呼ばれるエリアに集まり「お別れの儀式」が行われた。

 ISSのオレッグ・コトフ船長が「さよならを言う時が来た。シャトルの素晴らしいクルーは、素晴らしい仕事をした。心からありがとうと言いたい」とコメント。シャトルのアレン・ポインデクスター船長も「素晴らしい滞在だった。船外活動、ロボットアームでの作業などすべて成功した」と述べた。山崎さんはISS長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(45)らISS乗組員と抱き合って別れを惜しんだ。

 ISSから離脱したシャトルは単独での地球周回に移行。今後システムの点検や船内の片づけなどを行いながら、帰還に備える。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
スペースシャトル:アンテナに不具合
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責

<菅副総理>政府内で増税協議へ (毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)
仕分け第2弾で制度改革へ=蓮舫氏、外国特派員協会で会見(時事通信)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)

<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)

 東京消防庁は7日、今年3月に東京都中野区の路上を走行中の乗用車内で、生後11カ月の女児がパワーウインドーに右手の小指をはさんで切断する事故があったと発表した。乳幼児が負傷する事故は05年以降、同庁管内だけで9件あり、同庁は「子どもが一緒に乗っている時は、安全を目で確認してほしい」と注意を呼びかけている。

 同庁によると、3月22日午後9時20分ごろ、中野区本町の青梅街道を走行中の車内で、母親が後部座席のパワーウインドーを閉めた際、女児の右手小指がはさまっているのに気づかず、指を切断したという。

 都内では05年4月〜09年12月に8人(1〜7歳)がパワーウインドーの事故で病院に搬送された。07年9月、1歳の女児が指を切断、昨年9月には4歳の男児が首を挟まれ重傷を負った。【神澤龍二】

阪大、京大がワースト10に=東大46位−初の経営効率ランク(時事通信)
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
「普天間」見通し立たず=鳩山首相、核サミットへ12日出発(時事通信)
<将棋>マイナビ女子オープン 11日の結果(毎日新聞)
授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 融資
クレジットカード現金化 比較
探偵
クレジットカード現金化
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    道隆 (01/05)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    こういち (12/26)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    パイン (12/11)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM