スポンサーサイト

  • 2010.06.29 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


参院選情勢で小沢氏「競わなくちゃ」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は2日午後、党本部で記者会見し、夏の参院選での情勢について、「みんなの党から違う人が出馬すると、浮動票が流れるので大変厳しくなる」との認識を示した。その上で小沢氏は「だからこそ競わなくちゃいけない。1人でやるより2人でやったほうが倍、(有権者に)声をかけられる」と述べ、改選2以上の複数区で複数候補を競わせる選挙戦術の重要性を強調した。記者会見の詳報は次の通り。

 司会の青木愛副幹事長「それでは定例会見を始めます。会社名、お名前の方をお願いしますとともに、1社1人1問ということにさせていただいておりますので、ご了承ください。それではまず幹事長の方から」

 小沢氏「はい。えーと、それでは、第2次の参院の公認候補の発表をいたします。資料はもういってるかな?。いってるんだから見てください。

 うーんと、推薦が香川県ね。これは社民と共同だと思います。

 それから、比例で現職でちょっと遅れておりました、下田敦子くんも公認ということにしたい。

 これで、東京の3人目、大阪の2人目、うーん、愛媛、山口。まあ、宮崎はだいたい決まっておりますけども連合、社民党の調整だけですので。それから沖縄ということになります。

 その中でも事実上、ほぼというところがまた半分ありますので、実際的には、1、2がまだちょっと見通しが立っていないというような感じでございます。できるだけ早急に、全都道府県の候補者を確定したい。そう思っております。以上です」

 −−単に2人擁立するだけでは本来の狙いの支持増の広がりにはならないと思うが、今後の戦略、勝算は

 小沢氏「えー、今の指摘はその通り。ですから、同じ、従来、旧来の支持層のパイを同じコップの中で奪い合っていたんでは、2人擁立する意味はまったくありませんから、その意味で旧来の支持母体が主として支援するに適した候補者と、広く浮動層に呼びかけ、支援をいただける、そういう候補者をなるべく、擁立の際に目指したつもりでございます。

 年齢、あるいは性別などについてやはり、同じ性の同じ年の同じようなのが2人出たってしょうがありませんから、そういう意味でどちらかといえば年齢の高い方と若い方とか、男性と女性とか、そういうような形で、ほぼどの選挙区もそういうことで当初の目標にほぼ近い形で収まったのではないかと思っています」

 「うーん、ほとんど2人区 というのは、過去に立てたことありませんからね。うーん、まあ、ある意味において無風無競争の状態の選挙が続いてます。

 それだけにしんどいちゅう抵抗も事実ですけども、競い合えば、少なくとも倍になるとはいわなくても、間違いなく5割増しには過去の事例からもなりますので、そういう意味で各年代、男女問わず、あらゆる層に支持を広げられるようにということで、当然その、選挙戦術も、その候補者のどういうところに対象を絞るかということでも違ってくるだろうと思ってます」

 −−党としての浮動層向けの戦略は

 小沢氏「あのー、ですから、旧来の、特に現職だね、どっちかといえば現職が多いわけだけど、旧来の支持母体、連合だとかいう類の支持母体が支援する候補者は、その旧来の支持者を固めるという作業がたぶんメーンになるだろうと思います。

 そうでなく、もっと広く、一般のあらゆる世代、男女問わず、支持を広げようという場合は、今からだと、特に2次公認の場合は時間がないので、浮動層に対象を絞って、知名度のうんと高い人は別ですけれども、そうでない場合は、そういう、俗に言う、時間もありませんので、街宣、辻立ちを中心とした活動に多分新人の場合、あるいは若い人の場合、なるんじゃないかなと。

 そうすれば必然的に訴える、支援を求める人たちの対象が広がると思っておりますので、大方の場合はそういうパターンで選挙戦が展開されると思います」

 −−先の連合福井との意見交換の中で、連合の会長から民主党内の結束の乱れを指摘された。幹事長は「政権与党としての構成員たる議員の認識が甘い。国民に迷惑をかけている」と述べた。この発言についてうかがう。今日、前原誠司国土交通相が定数複数の選挙区に複数の候補を擁立する方針について、国民の理解が得られないと述べている。こうした党の戦略に対する批判を指して、自覚が足りないと言ったのか。また、政権与党としての認識が足りないという状況が参院選全体にどのような影響を与えると考えるか

 小沢氏「あのー、前原君が言ったか誰が言ったか分かりませんけども、党としての、おー、この方針に、いー、今まで立てたことのない複数区は、もうしんどい、ということはあっても、おかしいとか、異論を出すというところはないと思います。

 ごくごくごく一部、1県だけでございます。

 ですから、その意味におきましては、私は今回の党の方針、すなわち、2人区に1人しか立てないということになりますと、過半数の獲得目標ちゅうのは1人区の人にすべてかぶせる話になる。

 1人区は自民党と本当に血みどろの戦いをして勝ち抜いてこなくちゃならない。

 2人区は2人立てて初めて1人区と同じというふうな言い方もできるわけで、そういう意味で私はお互いの、同志が、同じように、いろんな難しい選挙戦を全力で、お互いに助け合って、戦うということは当然のことだと思いますし、基本的にほとんどの人が理解しておられると思います」

 「その理解をしておられないのはほんの1、2だろうと思っておりまして、私はみんなが、過半数獲得という大目標、大義に向かって、全力で頑張ってくれるものと確信しております。それから、えー、与党の、政権与党という認識がまだ徹底していないということについては、俗に諸君も言うように、与党の認識が足りない与党と、野党になっちゃったという認識の足りない野党との、現状ということをよく、おもしろおかしくいいますけれども、うーん、政権与党という、うー、立場というのは、あー、実際の国民の生活を守っていく、そのための政策を行政を通じてやっていくという結果を出していかなければならないという責任を持つわけです」

 「そうしますと、本当に政府に入った者、それはその職務を一生懸命、全力で頑張る、党に残った者は、残った者として、その職責を一生懸命まっとうするように努力する、そういうことが国民に対して責任を負うということになるわけで、その意味で、今、連合福井の例を出したけれども、もうちょっと政権与党としての認識を持って、全員が国民に連帯して、責任を負うという意識になってやってもらいたい、その点を若干懸念してお話なさったんだろうと思います」

 「まあ、事実、ほとんど、政府を経験していない人ですから。政権与党になったのは初めてちゅうのがもう九分九厘なわけですから、その意味で最初から意識の転換ちゅうのは、難しいかもしれませんけれども、国民の期待が大きいだけに早く、基本的な資質を身につけるように自ら研鑽を積んでもらいたいと。政府にいる者も、党に残った者もそうしてもらいたいと私は希望しております」

【関連記事】
前原氏と小沢氏が“衝突” 参院選めぐり火花
若林氏辞任 地元長野では「参院選に影響」「妥当」
元秘書が小沢に宣戦布告!「先生の役割は終わりました」
小沢氏手法 衆院欠員は民意の軽視だ
小沢vs反小沢の“代理戦争”と話題…日医会長選の行方は

幼稚な自己顕示…投稿動画から「最速走り屋」逮捕(産経新聞)
訪日観光促進で新フレーズ=茶道の千玄室氏を親善大使に−観光庁(時事通信)
「2人目擁立」方針を支持=民主・輿石氏(時事通信)
TBSに確認怠った責任=BPO倫理検証委(時事通信)
連合静岡の辞任要求を陳謝=小沢氏の抗議受け−古賀会長(時事通信)

<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)

 大阪(伊丹)空港の廃港を提唱する橋下徹知事と、存続派の地元・豊中市の浅利敬一郎市長との会談が5日、府庁で実現した。「存続」「廃止」は互いに譲らなかったが、浅利市長は廃港後の跡地利用のあり方については、協議に応じる意向を示した。「冷戦」は事実上終結したものの、浅利市長が廃港を認めないまま「廃港後」を議論するという不可解な“和解”となった。

 会談は、橋下知事側からの申し入れで実現し、約50分間、報道陣に全面公開された。

 浅利市長は、市の政策プランを踏まえ「10年間はしっかりと伊丹を活用したい」と当面の方針を示すと、知事が「10年以降の廃港は考えられないのか」と詰め寄った。浅利市長は「10年間は積極的に生かしていきたい」と明言を避け、議論は平行線をたどった。

 この後、知事が「伊丹が衰退して活性化できなかった場合、予備として跡地利用も考えた方がいい。(空港の地元である)北摂地区全体で検討できないか」と水を向けると、浅利市長は「何も議論に参加しないと言う訳ではない」と述べ、知事の提案に歩み寄った。

 知事は会談後、報道陣に「伊丹跡地を考えるスタートが切れ、非常にうれしい」と胸を張り、戸惑う地元市長を押し切った。【佐藤慶、山口朋辰】

元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士−明石歩道橋事故(時事通信)
元副社長ら2人追起訴=トランスデジタル架空増資−東京地検(時事通信)
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)
園遊会に浅田、高橋両選手ら(時事通信)
<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)

<早大OB相場操縦>元投資会社社長に懲役2年2月求刑(毎日新聞)

 早稲田大投資サークルOBらによる相場操縦事件で、証券取引法違反に問われた元投資会社社長、松村直亮(なおあき)被告(28)に対し、東京地検は25日、東京地裁(多和田隆史裁判長)の公判で懲役2年2月、罰金250万円を求刑した。弟の無職、松村孝弘被告(25)には懲役1年6月、罰金150万円、不動産関連会社社長、三浦幹二被告(28)には懲役2年、罰金300万円を求刑。また、3人に追徴金約4億3000万円を求刑した。判決は4月28日。

 検察側は「巧妙に仕組まれた相場操縦で、市場への投資家の信頼を著しく害した」と指摘した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
粉飾決算:「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑
インサイダー容疑:味の素社員に課徴金命令
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑

刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も(時事通信)
感無量…感動した…菅家さん万感の思い(読売新聞)
<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)
JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)

警察庁長官狙撃 時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」(毎日新聞)

 警察トップを狙った95年の警察庁長官狙撃事件は30日午前0時、殺人未遂罪の公訴時効(15年)が成立した。オウム真理教への強制捜査の真っ最中に、自宅マンション前で3発の凶弾を受け、3度心停止しながら生きながらえた国松孝次元長官(72)は29日、毎日新聞の単独取材に応じ、元捜査指揮官として警視庁の捜査を「不合格の捜査」と評し、自ら油断があったと反省した。

【インタビュー動画】「被害者になって初めてわかった」国松元長官が心境を語る

 −−時効はテロに対する警察の敗北だ。

 ◆私も警察も不本意なことだ。ただ、あの事件がきっかけで組織テロに対する警察の対応力は増強された。負けたかと言われればそうではない。命がつながったことで完全な敗北ではない。

 −−しかし、犯人を特定できなかった。

 ◆起訴に足りる十分な証拠を集めることができなかったことは、やはり「不合格」の捜査だった。これから反省、検証してほしい。

 −−拳銃によるテロを想定していたか。

 ◆銃器テロが警察庁長官に向くことは想定しておらず、不覚だった。油断のある警備をしていたと認めなければいけないが、何より自分が油断していた。

 −−事件が迷宮入りすることへの「被害者」としての思いは。

 ◆時効は残念だが、苦労した捜査員にご苦労様と言いたい。

 −−同じ年の7月、女子高生ら3人が射殺された東京都八王子市のスーパー強盗殺人事件の解決を優先するよう指示したのでは。

 ◆そういうことはないが、八王子の事件は処刑されるがごとく殺された残酷な事件だから、未解決では申し訳ない。今、殺人の時効を撤廃する動きがあるので、早く制度を変更してもらいたい。私の事件は無理だが、八王子の事件の時効前に時効を撤廃し、粘り腰で捜査する仕組みに変えてほしい。

 −−狙撃事件の犯人は誰だと思うか。

 ◆「分かりません」と言うしかない。

 −−04年にオウム真理教の元信者4人を逮捕(その後、容疑不十分で不起訴)した際、「オウムの関与が物証で明らかになった」と話したが。

 ◆成果はあったと今でも思っているが、東京地検を納得させる証拠が集まらなかった。

 −−狙撃事件は、自分の中で終わったか。

 ◆被害者にとって絶対に忘れられない。私の場合痛恨というか、不覚をとったという恥ずかしい思いとともに忘れることはできない。

 −−今後の活動は。

 ◆生きたことは、私にとって付録みたいなもの。助けてくれた病院の先生方と、ヘリコプター救急の全国的な普及に努力していく。

【聞き手・大坪信剛】

【関連ニュース】
【未解決凶悪事件の特集】忘れない「未解決」を歩く
【ドキュメント動画】「未解決」を歩く(25)地下鉄サリン事件 高橋シズヱさんの活動
忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)
【ドキュメント動画】忘れない「未解決」を歩く(3)八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件
【動画】「遺族に時効はない」世田谷一家殺害の遺族ら会見

<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も−兵庫(時事通信)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
佐用豪雨、小学校で修了式 唯人君追悼、不明の文太君の発見願う (産経新聞)
鳩山首相 内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 融資
クレジットカード現金化 比較
探偵
クレジットカード現金化
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    道隆 (01/05)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    こういち (12/26)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    パイン (12/11)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • 【from Editor】電気の魔術師たち(産経新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM